メニュー 閉じる

ようやくカウンターの端を予約

蔵人厨 ねのひ 本店

愛知県名古屋市中区栄1丁目7−34

やっと予約出来た~!

この端っこの席が予約出来ない場合は、ねのひさんには行きません。
理由はこちらのお店、全席喫煙可能だからです(笑)
なんででしょうね? この分煙の時代に。

7:00に2名で訪問。

まずは、ど~ん!と並んだたくさんの小鉢の中から、好きなお通しを選びます。

私選んだのはこれ。
一つ450円なので、欲張って何個も取るとお通しだけでえらいお値段になるので気を付けてくださいね。

ホタルイカと分葱の酢みそあえ(900円)

立派なホタルイカ! 臭みも無くプリップリです。
酒造りの店ならではの新鮮な味噌が、美味しさを引き立てますね。
濃厚なコクもありつつ酢味噌なのであっさりと食べれました。
主役の隣にちょこんと置いた分葱。
少し辛味のある分葱がいいアクセントになって、味噌との相性も抜群です。

盛田原酒一合(1,350円)

最初に頼んだビールも無くなり、お店の方の勧めで『原酒』をいただきます。
こ、こりゃ、ガツーンと来ますな!
なんだか早く酔いそうな気配です(笑)
次回はこれをロックでいただこうかな。

桜鱒と筍の天婦羅(1,600円)

桜葉で包むと美味しいんや!
紫蘇とはまた違った優しい香りが広がりますね。
連れは最初に筍の天ぷらを食べて、口の中に入れた瞬間桜の香りがフワッとして春を感じたそうです。
香りが移ったんですね。
私は、桜鱒を先に食べたのでその風情は味わえませんでしたが…。

アスパラシンプルサラダ(1,200円)

サラダ!?(笑)
まんまアスパラが3本登場です!
これまた味噌が美味い!!

お刺身2点盛り(2,200円)

以前1点盛り(1,600円)を頼んで、2点盛りにすりゃ良かった!っていう反省からのオーダーです。
選んだのは黒鯛とトリ貝。
寿司屋さんでも少し臭みのあるトリ貝しか食べたことが無かったという私の連れ。
新鮮な味わいで大好評でした!

ねのひ純米の酒一合(870円)

お子ちゃまな私は原酒から純米に移行(笑)

筍炭火焼(1,550円)

手前は素焼き、お味噌と共にいただきます。
写真奥は醤油と鰹節で味付けされています。
もちろんどちらも美味い!!

高級魚ワラズカの自家製さつま揚げ(1,200円)

自家製ならではのふっくら感でしたが、庶民な私はぼてっとずっしりしたさつま揚げの方が好きかな(笑)

赤だし(430円)

いや~、今日も美味しかった!
2人でも案内してくれるテーブル席があったり、カウンター席が分煙になればもっと使いやすいのに(泣)

今日のお会計は、写真以外に生ビール(600円)、はっさくソーダー(650円)をいただいて、税込 14,526円でした!

ご馳走様でした!

こちらのお店はいかがですか?